私がAmazon Mastercard クラシックに留まる理由。




スポンサーリンク


こんにちは。

Amazon Mastercard クラシック(以下、クラシック)とAmazon Mastercard ゴールド(以下、ゴールド)の比較記事を書こうかなとも思ったのですが、他のいろんなサイトに詳しく書かれているのでやめました(笑)

自分はAmazonをすごく使う訳でもないので、ゴールドではなくクラシックのままでいいのかなと思っています。

ちなみに、Amazonをときどき使う人に向いているクレジットカードについて、以下の記事で比較しています。

Amazonをときどき使う人に向いているクレジットカードはどこがいい?

2018.02.15

今回はゴールドではなく、敢えてクラシックのまま使っていく理由付けをしてみたいと思います。

 

魅力的なAmazon Mastercard ゴールドの特徴

通常の年会費は10,800円です。ここから、

・「マイ・ペイすリボ」に登録で5,400円割引(公式サイトを見ると2年目以降に割引と書いてあるが、レビューを見るとゴールド申込時にリボ登録すれば初年度もちゃんと割引される模様。→Amazon Mastercardゴールド

・「WEB明細書サービス」の利用で2年目以降1,080円割引

これで初年度5,400円、2年目以降4,320円まで下げることができます。

また、年額3,900円のAmazon Primeがついているので、初年度実質1,500円、2年目以降実質420円でゴールドを利用できる、といえそうです。

 

ですが、Amazon Mastercard クラシックのままでいたい理由

・「マイ・ペイすリボ」になるべく登録したくない

→設定によっては手数料をがっぽり取られそうなイメージなので、できれば登録はなるべくしたくないかなと。・・・って正しく設定すればいいだけの話ですが(笑)

・「WEB明細書サービス」を利用せず、紙の明細書の発行にしたい

→紙運用の方が安心するので。

カードご利用代金WEB明細書サービス登録解除

以前では出来ていたようです。へっぽこpgの部屋さんのページ。

へっぽこpgの部屋: amazon(アマゾン) MasterCard クラシック申し込み

今でも出来そう? → ※2018.3.22 無事出来ました。「カードご利用代金WEB明細書サービス」の解約で紙発行になります。しかもそれでもWEBで明細を見ることができます。

Amazon Primeは様子見の予定

→Amazon Primeのメリットは、①「お急ぎ便が無料」、②「2,000円未満の商品の送料無料」、これが大きいと思っています。

→ですが個人的に、①Amazonは価格が安い分、発送が遅くても仕方がないなと(昔から)思っている、②毎回2,000円以上の買い物をすることがほとんどである、ことから自分にはAmazon Primeは今のところ必要ないかなと感じます。

というわけで、クラシックの方に申し込みしてきました(ですが、今のところゴールドに移行する予定はないです)→Amazon Mastercardクラシック

 

ゴールドの方が得!の人でも、最初はクラシックで申し込んだ方がお得みたいです

というのは、クラシックに入会すると数千円分のポイントがもらえます。普段は2000ポイントですが、時期によっては5000ポイントもらえたりするようです。

それに対して、ゴールドは入会してもポイントがもらえるキャンペーンをやっていません。ゴールドを使う予定である人でも、最初はクラシックで契約してポイントをもらってから、ゴールドに移行した方が良さそうです。

 

クラシックのレビューみたいなやつ(2018.9.23)

さてAmazon Mastercard クラシックを契約してから半年が経過しました。使い勝手など列挙していきたいと思います。

・月額980円のKindle Unlimitedの引き落とし先をクラシックにすると20Pがつく(ゴールドだとさらにポイントアップ?)。

・カードの利用履歴はアマゾンのサイトで見れるのではなく、発行元の三井住友のサイトで確認できる。

・ポイントの付与タイミング:アマゾンのショッピングで買い物した場合、その都度ポイントがつく。それ以外のところでカードを使用した場合、翌月上旬(10日前後)にポイントが付きます。

 

※2018.4.1 余談ですが、(クレジットカード登録が必須な)Kindle Unlimitedに加入しました。

使いやすい? Kindle Unlimitedに加入しました

2018.04.04

それではまた。

スポンサーリンク