WWDC直前に! MacBook Pro 2019 発表&発売




スポンサーリンク


こんにちは。

Appleは日本時間5月22日未明、MacBook Proを2018モデルから2019モデルにアップデート、販売が開始されました。なお2018モデルの発表時同様に、13インチのTouch Barなしモデルに関しては、既存の2017モデルのまま販売を継続しています。

Apple、初めての8コア搭載となるMacBook Proを発表 – Apple (日本)

今回のアップデートの主な内容はCPUで、細かいアップデートはキーボードくらいに留まっています。GPUやメモリに変更はありません。

 

CPU

13インチのタッチバーモデル

インテル第8世代4コア8スレッドのままクロック周波数の微増。

型番:未発表のCPU か?ちなみにMacbook Air 2018のときは後でインテル側から発表がありました。

→2019.5.26 後日インテルの製品ページに掲載されました。Core i5 8279U&Core i7 8569Uという型番のようです。解説は以下のサイトが詳しいです。

Intel、MacBook Pro (13インチ, 2019)に採用されたCPU「Core i5-8279U」と「Core i7-8569U」の情報を公開。 | AAPL Ch.

15インチモデル

第8世代6コア12スレッド → 第9世代6コア12スレッド / 8コア16スレッドに更新。

型番:Core i7 9750H&Core i9 9880H&Core i9 9980HK

 

キーボード

2018モデルの第3世代バタフライキーボードに新素材を追加し、誤作動が低下・静粛性&耐久性の向上、としました。

 

その他

キーボード修理プログラム

ですが今回発表された2019モデル、同時に発表された「キーボードの修理プログラム」の対象に何故か含まれています。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート

ディスプレイバックライト修理プログラム

2016モデルの13インチMacBook Proのディスプレイに不具合を認識。無償で修理。Touch Barあり・なし両方のモデルが対象。

13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム – Apple サポート

 

今回のアップデートは小規模でそろそろフルモデルチェンジに期待したいところではあります。

それではまた。

スポンサーリンク













使用中のレンタルサーバー
XSERVER X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。






使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。