運用してみたかったAndroid Phoneたち5選




スポンサーリンク


こんにちは。

今回は、昔欲しかったけど、結局買わなかった(買えなかった)モバイル端末について、いくつか挙げていきたいと思います。

 

2010:au by KDDI IS03

当時、「Android au」のキャッチコピーとして登場。デザインが好きで、オレンジのカラーリングに惹かれ欲しいなと思っていました。また、液晶画面下部にメモリ画面を搭載し、スリープ時でも時間など常時表示させることが可能でした(今でもこの機能は便利なのでは、と思っています)。

 

2011:NTT docomo Xperia arc SO-01C

これ(のシルバー)がすごく好きで欲しかったのですが、スマホはまだ使い勝手が悪いかなとも思い、買うか迷って結局ガラケーに・・・

過去記事でも何回か言ったのですが、このデザインを是非復活させて欲しい!

 

2011:au by KDDI MOTOROLA PHOTON ISW11M

日本版(au)はWimaxを搭載。Wimaxは通信容量制限が全くなかった為、使い放題で魅力的でした。また、四隅を削ったようなデザインがツボになり欲しくなりました。

結局こちらは買わず、迷いに迷って同時期に出たHTC evo 3D ISW12HTを買いましたが・・・

Android 4.0が降ってこなかったのが唯一残念な項目でしょうか(evo 3Dには遅れながらも降って来た)。

 

2013:NTT docomo Xperia Z SO-02E

オムニバランスデザインという、1枚の板のようなフォルムが綺麗です。特にパープルのカラーについて、フレームがゴールドっぽく見えるのが上品でいい感じです。

発売から少し経ち、パープルが欲しくなったので何箇所か探し回ったのですが、パープルだけ在庫が見つからず諦めました・・・

Xperia GXみたいにディスプレイ下部のSONYロゴが光れば、文句なしですね(笑)

 

2013:au HTC J One HTL22

最近HTC U11のソーラーレッドが発売されたのに言うのもなんですが、デザインはこのHTC J One(海外名:HTC One)がHTCの中で一番好きです(今のところ)。

また、ディスプレイの上部・下端がスピーカーとなっており、ステレオスピーカーとなっています(音に迫力が出る)。今でもHTC J Oneの方が、最近の端末よりも音質がいいのではないかと思ってます。

 

これからも、欲しいのに(特に金銭的な面で)買えない端末が出てくるのを想像するとちょっと虚しくなります(笑)

ただの日記みたいな記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました!

それではまた。

スポンサーリンク