【2020年夏版】おすすめの定額音楽配信サービスを比較します。

スポンサーリンク







【初版公開:2018.1.12】

こんにちは。

数年前から定額制音楽配信サービスが始まり、使っている人も増えてきていると思います。私も加入しており、Apple MusicとGoogle Play Musicを使っています。そこで今回はApple MusicとGoogle Play Musicを比較したいと思います。

 

2020年夏現在で比べます

定額制音楽配信サービス Apple Music Google Play Music
サービス開始日(日本) 2015.7.1 2015.9.3
 楽曲数  6,000万曲  4,000万曲
 音質(ビットレート) 256kbps  320kbps
 無料試用期間 3ヶ月  30日間
価格(月額) 980円(個人)

1,480円(ファミリー)

980円(個人)

1,480円(ファミリー)

公式サイト https://www.apple.com/jp/music/ https://play.google.com/store/music

 

Apple Music

・試用期間が長い

・1年単位で更新するなら2ヶ月分お得(個人プランの場合、月額980円→年額9,800円)

・たまにApple Music限定配信などがあるので少し得した感じになる?

・AppleのソフトってMac&iPhone専用のものがありますが(例:Pages・Numbers・Keynote)、Apple MusicについてはWindows&Androidでも普通に使えます。

 

Google Play Music

・(課金なしの無料で)持っている音楽を50,000曲までクラウド上にアップロードでき、複数の端末で共有(再生)できる。

・Apple Musicよりも若干高音質(Apple Music=256kbps、Google Play Music=320kbps)

・YouTubeが広告なしで見られる(ただしYoutube Redが日本でサービス開始した場合ですが)

・ちなみに2015年9月3日のサービス開始から2015年10月18日までに加入すれば、ずっと月780円で使えるというキャンペーンをやっていました(そのため、これかApple Musicのどちらかに入れば十分なのに両方加入しています・・・)。

YouTube Musicが始まり、Google Play Musicは終わります・・・

Google PlayからYouTube Musicへの移行、気になる点をGoogleに聞いてみた – ITmedia NEWS

Google Play Musicに早期登録して月額780円の人のサブスク料はどうなる?
サブスクリプション料金は、すべてそのまま。つまり、780円だった人は、そのまま780円でYouTube Music Premiumを使えます。980円→980円、480円(学割)→480円、1480円(ファミリープラン)→1480円です。(すべてAndroidの場合。)非サブスクユーザー(=無料ユーザー)もそのまま無料で、自分の好みやアップロードした音楽を転送して無料で使えます。

Google Play Musicサービス開始時のキャンペーンの月額780円で契約した方は、YouTube Musicに移行してもずっと月額780円で使えるのは朗報でした!

 

ちょっと一言

定額音楽配信サービスは改定などがたまにあります。

楽曲数・価格・サービスはこれからも変わる可能性があるので、お気をつけください。

【2020年夏版】おすすめのクラウドストレージを比較します。

2020-06-03

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。