エコネクトのちょっとしたカスタマイズについて




スポンサーリンク


こんにちは。

私は現在、携帯回線は格安SIMであるIIJmioを使っています。3年以上契約していると長期契約の特典として、一部の有料オプションを無料で使用することができます。

詳細は以下にリンクを載せておきます。

IIJmioプレミアム特典[長得] | IIJmio

このうち月額362円(税抜)払えば全国のWi-Fiを利用できる「IIJmio by エコネクト」があります。IIJmioのプレミアム特典として無料で使えるのでこれを選択し契約することにしました。

 

使用にあたって

・IDとパスワード

実際に使うには、契約後に発行されるIDとパスワードが必要。これを(スマートフォンの場合は)エコネクトアプリを開いて入力することで、使用できます。

ただし、Android端末の場合(iPhoneの場合も同じかもしれませんが)、エコネクトのアプリは2種類あり、

【Ver2.1】エコネクトWi-Fi接続ツール – Google Play のアプリ=旧アプリ

エコネクトWi-Fi – Google Play のアプリ=新アプリ

古い前者のアプリではうまく使えるのですが、新しい後者のアプリではうまく使えません。というのも、新アプリで「新しい接続先を追加」というところをタップすると、IIJmioから発行されたID=メールアドレスを認証する必要があると言われ、そのメールアドレスに確認のメールを送信するよと言われます。

「はい」をタップしてメールを送信してもらい次にメールの確認作業をしたいのですが、メールアプリでそのメールアドレスの受信トレイにサインインすることがなぜかできないです。旧アプリではそのようなメールアドレスを送信する手間などはなく、ID・パスワードを入力するだけでWi-Fiが見つかれば接続することができます。そのため、現在は旧アプリを使っています。

・暗号化方式に注意する

エコネクトで使用可能なSSID/ネットワークキーは数種類あり、その中の項目として暗号化方式があります。暗号化して通信することで、通信内容を盗聴・悪用されるのを防ぐことができます。暗号化方式にも数種類あり、ざっくり挙げると

・WEP:簡単に解読されてしまう暗号化方式。

・TKIP:WEPよりも複雑にしたのだが、時間をかければ解読されてしまう暗号化方式。

・AES:WEPやTKIPよりもかなり複雑な技術にしたことで、解読が非常に困難なので割と安全な暗号化方式。

などがあります。AESが通信の安全性が高いですね。

エコネクトアプリでID・パスワードを入力すると、自動で接続可能なWi-FiのSSID・暗号化方式・パスワードなどをいくつか登録してくれるので、その中から、AESの暗号化方式の接続先設定のみ残すようにし、WEPやTKIPなどの暗号化方式の接続先設定は削除しておいた方が安全に通信できると思います。

 

使ってみた感想

・Wi-Fiマップのアイコンがよくわからなかった

アプリを起動し提供エリアの検索をすると、何やら青色と黄色のアイコンが出てきました。

なんとなく青アイコンの方がスピードが出る規格なのかなと思っていましたが、実際に調べてみると(以下の参考サイト)、

青アイコン:最大通信速度300MbpsのWi2スポット

黄アイコン:最大通信速度3~4Mbpsのmobilepointスポット

のようです。

・提供スポットはあまり多くない

Wi-Fiを提供している店舗は自動車ディーラー、携帯ショップがメインで、その他個人の店舗が提供している感じです。

・速度は意外と出ます!

提供している店舗(青アイコン=最大通信速度300MbpsのWi2スポット)から道路を挟んで反対側から接続してみたところ、(時間帯にもよりますが)20Mbps程度は出ました。値としては大したことない速度なのですが、ストレスなく使えてはいるので割と満足はしています。

 

今回使用するにあたって参考にしたサイト(アイコンの意味など)

【2018年版】IIJmio WiFi by エコネクトの評判は?実際に使って試してみた – みおふぉん格安ライフ

 

あともう少し提供エリアが増えてくれれば、かなり頼もしい通信サービスになってくれそうです(ちょっと期待)。

それではまた。

スポンサーリンク