【ちゃんと速度も出る】UQ mobileがうらやましいな!と思っている

スポンサーリンク







【初版公開:2018.1.30】

こんにちは。

さて、格安SIMって言葉はもう知れ渡っているでしょうか?

2020年になって大分普及してきたように感じます!

携帯料金を安く抑えるには、「月々の携帯料金を安くする手段」が格安SIMの1番の役割ではないのかなと思っています。

しかし格安SIMは種類がいっぱいあるので、果たしてどこがいいのか迷いますね。

安い分、通信速度が十分に出なかったり。また、基本的には店舗を持たないのでサポートが心配であったり。

そこで自分なりに選ぶ基準を挙げていきたいと思います。

 

満足するSIMを選ぶには?

格安SIMは、基本的にどの会社でも本家のキャリアよりは安いと思います。

そのため満足するSIMを今回選ぶ基準として、

1.まず通信速度が安定して出るものを選ぶ。

2.次にプランが安いものを選ぶ。

としたいと思います。

 

今回おすすめするSIMは?簡単に紹介します

上の1と2を満たすであろう格安SIM会社として、今回はUQ mobileを勧めたいと思います。

1.通信速度について

2018.1.30現在ではありますが、docomo回線を含めた格安SIMの回線の中でかなり速いと思われる。というのも最近の雑誌やインターネットの記事で格安SIMの通信速度の比較結果が出ているので、そこを参考にするといいかもしれません。

ちなみに公式サイトから引っ張ってきた画像からですが、

①顧客満足度では1位を獲得(2017年)。満足しているということは速度も出ている証拠と捉えてもいいのではないでしょうか。

②辛口批評誌「MONOQLO」でベストバイ・オブ・ザ・イヤー2017を受賞。

③さらに(少し前の話になりますが)MONOQLOの姉妹雑誌「家電批評」でベスト・バイ・オブ・ザ・イヤー2016を受賞。

2.プランについて

他のMVNO会社に比べ、特別安いというわけではありませんが、大手キャリアに比べれば十分に安いです。

2020年6月より、あたらしいプラン「スマホプランR」が提供となります。

【速度制限でも1メガ】UQ mobileのスマホプランRが気になる!

2020-05-27

 

このような方におすすめですね!

値段よりも安定した速度を求める

iPhoneユーザー(Android端末はauの通信バンドに対応していない機種が結構あるので、SIMフリーではないauで販売されている端末を入手する必要がある)

それでも格安SIMが始まった頃に比べたら、au系の通信規格に対応したSIMフリーのAndroid端末は大分選択肢が増えました!

 

使っている方のレビュー(リンク)

価格.com – UQ mobileの格安SIMカードの評判・利用レポート

UQ mobileの口コミ・評判 | みん評

 

Q&A

・テザリングはできる?

→iPhone 5s,6,6s,SEまでは可能です。iPhone 7以降は出来なくなってしまいました・・・UQ mobile(au)側で制限をかけているのでしょうかね?個人的には全てのiPhone世代で出来るようにして欲しいです。それができればUQ mobileは完璧と言ってもいいと思います。

・テザリングなど通信中でも着信を受けることができるか?

→可能です。ちなみにauの3G回線では出来ませんでした(docomoなら3Gでもテザリング中に着信を受けられる)。4Gになったことでauもできるようになりました(UQ mobileは通信に4G回線のみ使用しています)。

 

試用もできます

Try UQ mobileという貸出サービスをやっており、15日間無料でレンタルできるので快適に使用できるか試すことができます。無料で試してみて→割と良かったから実際に契約、ということは他では中々やっていないと思います。試してみて契約するかどうか決めれるのがいいと思い、おすすめしたいです。

 

ちょっと一言

この記事を最初に書いた2018年頃は、回線品質も高くて良いんだなー、と思うくらいでした。

ところが、2020年の今でも品質が維持されているようで、以前よりもUQ mobileに乗り換えたい気持ちが強くなっています。

(幸い?)セットで契約すると割引が効くUQ WiMax(家の固定回線代わりにしたい)の速度規制が今でも厳しいので、UQ mobileへの乗り換えは思い留まっています。

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。