【第1世代の計測です】iPhone SE 充電速度&充電時間

スポンサーリンク







こんにちは。

iPhone SEは筐体こそiPhone 5sベースですが、CPUはiPhone 6sと同じA9チップを使っています。

5sとSEの比較については、以下の記事にまとめています。

【比較】iPhone SE 2016/2017 & iPhone 5s【まとめ】

2020-04-21

今回は、充電にどのくらい時間がかかるのか気になったので、測定してみることにします。

 

計測

iPhone SEをWi-Fi運用時に、USB Power Adapter (MD836LL/A) + Lightning to USB Cable (2m) (MD819ZM/A) の組み合わせで測定してみました。

↑Amazonでは2mが売ってなかったり、型番が微妙に違います↑

ちなみにこのアダプタ&ケーブルは、iPhone 5s購入時にMNP引き留めポイントで入手したものです(笑)

 

結果①(ざっくりと)

18:00・・・電源が切れている状態(=約0%)から充電開始。

18:05〜06・・・自動的に電源が入る。起動後に残量を見ると4%の表示。

18:45・・・45%

19:00・・・60% ここまで1分1%のペース。

19:30・・・82% この辺りまではまあまあ充電が速いです。ここから緩やかになっていきます。

20:00・・・96%

20:15・・・99%

20:20・・・100% 充電完了。

 

結果②(もう少し詳しく)

12:00・・・0% 電源が切れている状態(=約0%)から充電開始。
12:05・・・3% 自動的に電源が入る。
12:10・・・8%
12:15・・・13%
12:20・・・19%
12:25・・・24%
12:30・・・29%
12:35・・・34%
12:40・・・39%
12:45・・・44%
12:50・・・49%
12:55・・・55%
13:00・・・60% ここまで1分1%のペース。
13:05・・・64%
13:10・・・68%
13:15・・・72%
13:20・・・76%
13:25・・・79% ここから緩やかになっていく。
13:30・・・82%
13:35・・・84%
13:40・・・87%
13:45・・・90%
13:50・・・93%
13:55・・・95% この辺から5分で1%となかなか進まない。
14:00・・・96%
14:05・・・97%
14:10・・・98%
14:15・・・99%
14:20・・・99%
14:21・・・99%
14:22・・・99%
14:23・・・99%
14:24・・・99%
14:25・・・100% 充電完了。

 

まとめ

よって、iPhone SEの充電には約2時間20〜25分かかることがわかりました(あくまでWi-Fi運用時で上記のアダプタ&ケーブルを使った場合になります)。

欲を言えば2時間くらいで充電が終わって欲しいのですが、流石に難しいようですね。

2020年になって、第2世代のiPhone SEが発表されました!

【比較】iPhone SE 2020 & iPhone 8【まとめ】

2020-04-18

金銭的に余裕があれば、購入して充電速度&充電時間を測定したいところです。

 

余談

この記事とはあまり関係ありませんが、以下は今からiPhoneデビューしたい人へ向けた記事です。よろしければどうぞ。

【ちゃんと速度も出る】UQ mobileがうらやましいな!と思っている

2020-05-30

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。