MacBook Air 2019&MacBook Pro 13 Entry 2019 発表&発売




スポンサーリンク


こんにちは。

Appleは7月9日、MacBook AirとMacBook Pro 13インチ エントリーモデルをアップデートしました。

Apple、MacBook AirとMacBook Proをアップデート – Apple (日本)

Airについてはごく僅かなアップデート、Pro 13インチのエントリーモデルに関しては大規模なアップデートとなっています。

 

MacBook Air 2019

2018年モデルからの変更点はいくつかありますが、あまり大きいものではありません。

2018年モデルから値下げ!

これが一番大きなアップデートかもしれません。

カスタマイズしない前提で比較すると、

・MacBook Air 2018:ストレージ128GBモデル→134,800円、ストレージ256GBモデル→156,800円

MacBook Air 2019ストレージ128GBモデル→119,800円ストレージ256GBモデル→139,800円

それぞれ15,000円、17,000円の値下げとなっています。

RetinaディスプレイがTrue Toneテクノロジー対応に

MacBook Proでお馴染みの、周囲の環境光に応じて自動で色温度を調節するTrue Toneテクノロジーが追加されました。

バッテリー容量が微減

2018年モデルでは50.3Whだったバッテリー容量が、2019年モデルでは49.9Whとほんの少し減りました。

駆動時間は同等としています(ProよりもAirのほうがバッテリーが持つのに変わりはなさそう)。

(非公式)キーボードがさらに改良された?

今年5月に発表されたMacBook Pro 2019は、2018年発表の第3世代バタフライ式キーボードがさらに改良され、第3.5世代となりました(素材の変更)。

MacBook Air 2019に関しても、2018年モデルの第3世代から改良が入り、第3.5世代になっていると思われます。

 

MacBook Air 2018の整備済製品も値下げに!

2019年モデルに切り替わり値下げされたタイミングで、2018年モデルの整備済製品も値下げされています。

カスタマイズなしのモデルで見てみると、

・ストレージ128GBの整備済製品は114,800円→88,800円

・ストレージ256GBの整備済製品は132,800円→105,800円

True Toneが要らなければ、2018年モデルの整備済製品がとてもお得のように感じます。

 

MacBook Pro 13 Entry 2019

エントリーモデルは最近まで、2017年のアップデートのままで販売されてきたため(エントリーモデルは2018年のアップデートはされなかった)、割と大掛かりなアップデートとなっています。

Touch Bar&Touch IDが追加

賛否両論でしょうか?

今までエントリーモデルには搭載されなかったタッチバーとタッチIDが搭載されました。

これでMacBook Pro全モデルに搭載されたことになります。

タッチバー自体は他のPCにはないもので、ちょっと新鮮味があって存在意義はあるかなと思っています。ですがバッテリーを消耗する原因となるのであれば、搭載しないほうが良かったのか?と考えさせられますね。

CPUが第7世代から第8世代に

2コア4スレッドから4コア8スレッドへ。

CPUスコアも大きく向上しています。

(残念ながら?)ファンは1つの模様です・・・

MacBook Pro 13″ Two Thunderbolt Ports 2019 Teardown – iFixit

Pro 13インチの上位モデルは、28WのCPUを採用していることもありファンを2つ搭載しています。しかも左右対称に配置されており(普段見ることはないのですが)美しいです。

それに対し、今回のエントリーモデルは15WのCPUで比較的発熱が少なくなるためなのか、ファンは1つになっています。

できれば上位モデルの構造のままCPUのみ15Wのものにしてくれれば、排熱性能は素晴らしいものになったのでは、と妄想しています。

キーボードが第2世代から第3.5世代に

2019年5月に発表された、MacBook Pro 13インチ上位モデル&15インチモデルと同じ世代に進化。

次期MacBook Proのキーボードは現行のバタフライ式ではなく、従来のシザー式(パンタグラフ式)に戻るという噂があるため、今回のものが最後のバタフライ式キーボードになるかもしれません。

RetinaディスプレイがTrue Toneテクノロジー対応に

上位モデルは2018年から採用されましたが、今回のエントリーモデルに関しても搭載されるようになりました。

Bluetoothが4.2から5.0に更新

CPU周りのアップデートに伴い、Bluetoohもバージョンアップ。

マイクロフォンが2つから3つに

若干の集音性能アップ?

Thunderbolt 3(USB-C)ポートは2つのまま変化なし

ポートを4つ搭載している上位モデルとは差別化を図っています。

バッテリー容量の増加

(バッテリーを喰うと言われているタッチバーが搭載されたおかげで?)バッテリー容量が54.5Whから58.2Whへと増加。

バッテリー駆動時間は2017年モデルと変わらないとしています。

わずかに値下げ

Airとまでは行きませんが、Proも僅かですが値下げされています。

カスタマイズしない前提で比較すると、

・MacBook Pro 2017 エントリーモデル:ストレージ128GBモデル→142,800円、ストレージ256GBモデル→164,800円

MacBook Pro 2019 エントリーモデルストレージ128GBモデル→139,800円ストレージ256GBモデル→159,800円

それぞれ3,000円、5,000円の値下げとなっています。

 

その他

今回のモデルも早速「キーボード修理プログラム」に追加

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート

「面倒見が良い!」と言うべきか、それとも「欠陥キーボードであることを認めている」のか・・・複雑な気持ちです。

 

ちょっと一言

いろいろ長々と書きましたが、今回のアップデートはかなり良いものであると思っています。

特に値下げによってMacBookシリーズの棲み分けが改善されたと思います。

・税抜12〜14万→MacBook Air

・税抜14万〜16万→MacBook Pro 13インチ エントリーモデル

MacBook Airが大幅に値下げされたことで、Macに手を出しやすくなったことは歓迎したいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク













使用中のレンタルサーバー
XSERVER X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。






使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。