macOSのクリーンインストールで詰みそうになったのでメモ Part 2

スポンサーリンク







 

こんにちは。

2020年夏にMacBook Pro 13 2020を購入したのですが、秋になりmacOSを初期バージョンのCatalinaからBig Surにアップデートしました。

しかし、何故か動作が重い(アイドル状態でも何か処理している)ためCatalinaに戻して使うことに。

Catalinaは特に動作がおかしくなることはありませんでした。

そして2022年になり、Catalinaのセキュリティアップデートのサポートも迫っていることから、最新のMontereyにアップデートすることにしました。

macOSの各バージョンは例年、リリースされてから3年くらいは(セキュリティ面で)サポートされている模様です。

macOS Catalinaの場合、

2019年秋:リリース。

2020年秋:新機能などの追加は終了。セキュリティ関係のアップデートは継続。

2022年秋:サポートが終了予定。

そのため2020年秋リリースのBig Surは、2023年秋頃までセキュリティ面のサポート継続と予想。

 

思ったより敷居の高かったクリーンインストール

ですが最初からつまづきました。

以下に現象をメモします。

①インストールを試みるがmacOSユーティリティ画面が出てこず失敗。数回試してやっと成功。

キーボードの「Option + Command + R」を押したまま起動すると、地球儀アイコンがしばらく表示された後、macOSユーティリティ画面が出てきます。

このときmacOSをインストール画面に進むと、「所持しているMacに対応した最新のバージョン」をインストールする画面に進みます。

macOSバージョンの選択について・・・

Apple、インターネットリカバリーでも「macOS 10.15 Catalina」の提供を開始。macOSの復元をする際には注意を。 | AAPL Ch.

こちらの記事で詳しく解説されており、バージョンの選択方法は3つほどあります。

しかし、地球儀アイコンが20分ほど続き、エラーが表示されクラッシュ!

電源ボタンを押して強制終了するしか対処できなくなりました。

3回ほど試しましたが、1回目:-2003fエラー、2回目:-2004fエラー、3回目:-2005fエラーが出ます。

調べてみると、どうやらインターネット接続が不安定のサインかも、とのこと。

ただ、ひかり回線でIPoE接続のため比較的安定しているはず!と思ったので、このエラーに違和感を覚えました。

その後も数回試しましたがダメ。

「気合いも時には重要。」だということ?

【解決】macOSの再インストールでエラーが起きた場合の対処方法 – FatherLog

こちらの記事で「対処方法4:エラーが出ても100回以上めげずにインターネットリカバリーを実行」の部分を拝見し、諦めずに試すことにした!

念のため、Wi-Fiに接続しているすべての機器でWi-Fiをオフにすることで、何故かうまく進みました。

ほかの機器で大容量のデータはダウンロードしていなかった(スリープ状態だった)ので、ちょっと不思議に思っています。

②やっとmacOSユーティリティ(macOSを再インストール、ディスクユーティリティ)の画面に着く。

当たり前かもしれませんが、

MacBookの場合は、インストール時には念のため電源に接続しておいたほうが良いです。

2022.4.2 22:00

・現時点での最新macOSであるMontereyをインストール

→約2時間と出たが1時間30分、15分と短くなり、約30分で終了

2022.4.2 22:30

・アップルロゴで処理中

→約30分の表示

2022.4.2 22:50

・最初の設定画面(言語選択、各種同意項目、アカウント作成など)

2022.4.2 23:00

・設定完了 デスクトップ画面

→これでインストールが完了しました。

 

macOS Monterey レビュー

MacBook Pro 13 2020は、熱、バッテリー持ちがあまりよくありませんでした。

アップルシリコンではないインテルCPUだから、もう仕方がないなと思っています。

Montereyがリリースされて数か月経ったころ低電力モードに興味を持ち、Montereyに少し期待を持つようになりました。

そして、今回クリーンインストールを行い、バッテリー動作時で低電力モードをオンにしてみた次第です。

バッテリーは1時間のブラウジングで約15%の減りに留まりました。発熱も若干抑えられ、快適になった気がします(Catalinaのときは20%くらいは減っていた)。

当然ながらパフォーマンスが落ちているはず・・・なのですが、動作は特に遅くなったとは感じませんでした。

そのため、電源アダプタ動作時でも低電力モードをオンにしてみました。

 

ちょっと一言

以前所有していたiMac 4K 2017では、クリーンインストールの直前、ディスクユーティリティのほうでMacintosh HDの消去が中々うまくいかず、クラッシュしてしまいました。

今回はクリーンインストールだけなのに、思いのほか手こずってしまいました。

実は就寝の少し前からクリーンインストールを試みたのですが、やはり時間に余裕のある時に行うべきだと実感しました・・・

それではまた。

 

スポンサーリンク