WWDC 2019が終わりました。気になったものを挙げますね。

スポンサーリンク







こんにちは。

この前の記事で、WWDC 2019で発表されそうな製品やサービスを(期待も含めて)予想しました。

WWDC 2019が終わった今、気になったものについて書いていこうと思います。

 

期待大としていたもの

Mac Pro 2019

「新型Mac Proは開発中」と2017年に(Appleの誰だったかが)公言してから、まだかまだかと首を長くして待っていたMac Pro。2019年、遂にフルモデルチェンジされました。

先代は拡張性が低いと言われてきましたが、今回の新型は後から十分に拡張できるような構造になっている模様。

ただデザインについて、(新型も嫌いではないのですが)先代の真っ黒いゴミ箱デザインのほうが好みです。

Apple純正ディスプレイの復活

WWDC前までに純正ディスプレイの噂が絶えず、まぁそのうち出るんだろうなと思ってはいましたが、正直それほど期待はしていませんでした。

Pro Display XDRと呼ばれるApple純正ディスプレイ。今回の新型Mac Proに合わせたデザインとなっています。

iOS 13でのダークモード実装

これは今流行りということもあり、実装予定です。

液晶ディスプレイではなく、有機ELディスプレイの製品にとっては省電力化に期待できます。

macOSでのiPadセカンドスクリーン対応

次期macOS「Catalinaカタリナ)」で実装予定となりました。Sidecarサイドカー)という機能で提供されます。

iPadが欲しくなる理由が1つ増えました。

 

期待小としていたもの

MacBook 12インチモデルのアップデート

2017年のWWDCでアップデートされたMacBook 12インチモデル。

昨年に続き今回もアップデートはなし。このままフェードアウトするのでしょうか?

MacBook Air 2018モデルの値下げ

値下げについて噂されていたMacBook Air 2018年モデル。結局値下げされませんでした。

最近、2018モデルから2019モデルに値段据え置きでアップデートされた、 MacBook Pro 13インチ タッチバーモデルと比較すると、さらに割高に感じるようになりました。

 

予想外

iOSをiPad用にカスタマイズしたiPad OS

iOSから分かれるとは思ってもみませんでした。

現在iOS 12を積んでいるiPadが、果たしてどのような使い勝手となるのか?

期待と不安で一杯です!(不評なら数年後にiOSへ統合される?)

 

ちょっと一言

今回Mac Proがフルモデルチェンジされましたが、iMac Proについては(カスタマイズ項目が若干変更になったくらいで)アップデートされていません。

既存モデルのアップデートは、これからはイベントとは別のタイミングで行われるようになるのでしょうか?

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK19

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。