【比較】ゴリラガラスの世代について【まとめ】




スポンサーリンク


こんにちは。

多くのスマートフォンのディスプレイにはゴリラガラスという強化ガラスが使われています。ゴリラガラスにも世代があり、年々進化してきているのでメモしていきたいと思います。

 

ゴリラガラス

2007年登場。結構前に出たようですが、初代iPhoneの発売にあわせて開発された模様です(ゴリラガラス – Wikipedia)。

 

ゴリラガラス2

2012年登場。同じ強度を20%薄く実現でき、触れた際の応答性が改善されたとのこと(ゴリラガラス – Wikipedia)。

 

ゴリラガラス3

2013年登場。ゴリラガラス2よりも傷に対する耐性が従来の3倍、目に見える傷は40%減少、傷付いた後の強度は50%向上するとのこと(Corning introduces Gorilla Glass 3, promises ape-sized improvements in durability)。

 

ゴリラガラス4

2014年登場。強度はゴリラガラス3の約2倍に(コーニング、強化ガラス「Gorilla Glass 4」を発表–強度が2倍に – CNET Japan)。1mの高さからアスファルトのような荒れた地面に落としたとき、80%程度の割合で傷や割れがない程度の強さを持つ(第805回:ゴリラガラス とは – ケータイ Watch

 

ゴリラガラス5

2016年登場。1.6mの高さからアスファルトのような荒れた地面に落としたとき、80%程度の割合で傷や割れがない程度の強さを持つ(第805回:ゴリラガラス とは – ケータイ Watch)。ただし、Gorilla Glass 5の傷に対する耐性は、Gorilla Glass 4と同程度(「Gorilla Glass 5」が登場–スマホの落下に対する強度がさらにアップ – CNET Japan

 

ゴリラガラス6

2018年登場。Gorilla Glass 5と比べ最大2倍の性能向上(「Gorilla Glass 6」が登場、2倍の落下耐性に – ケータイ Watch

 

iPhoneはどの世代のゴリラガラスを使っているのか?

Wikipediaによるとゴリラガラスは当初、iPhone発売に合わせて量産が開始されたそうです。

ですが果たして、どの世代のiPhoneが、どの世代のゴリラガラスを使っているのか、よくわかりません・・・

 

 

スマートフォンなどディスプレイの保護フィルムが完全にいらなくなる時代がくるのでしょうか?(ちなみに自分は保護フィルムは貼らない派です)

それではまた。

スポンサーリンク