地味な改良が好印象! MacBook Pro 2018 発表&発売




スポンサーリンク


こんにちは。

Appleは日本時間7月12日夜、突如MacBook Proを2017モデルから2018モデルにアップデート、販売が開始されました。なお、13インチのTouch Barなしモデルに関しては既存のまま販売を継続しています。

Apple、MacBook Proをアップデート – Apple (日本)

他のニュースサイトなどでも取り上げられているように、2018モデルの特徴はコア数の増加によるパフォーマンスの大幅向上です。

ですが個人的には、それ以外の多くの小改良が印象的に感じました

6月のWWDCでは発表されず、何故このタイミング?という感じですが、2017モデルから2018モデルへの変更点についてまとめます。

その後、MacBook Air 2018が発表されました。

微妙な位置づけ? MacBook Air 2018 発表&発売

2018.11.03

 

13インチTouch Barありモデル&15インチモデル共通

公式

・プロセッサ:Kaby Lake→Coffee Lakeにアップデート。

・キーボード:バタフライキーボードが第3世代に。静粛性がアップ

True Toneテクノロジーを備えたRetinaディスプレイを搭載。

・「Hey Siri」と呼びかけてSiriを起動できるように。

・Bluetooth 4.2→Bluetooth 5.0にバージョンアップ。

非公式

・キーボード:第3世代のバタフライキーボードはホコリの侵入に強くなっているようです。

・バッテリー容量がわずかに増加(しかし使用可能時間は伸びずそのままです)。

・スピーカーの音質が向上(低音域&高音域が若干良くなったようです)

その他

専用レザーケースの追加(値段が凄いですが・・・)。

・秋以降、製品出荷時のMac OSはMojaveになる?:macOS – Mojaveプレビュー – Apple(日本)

 

13インチTouch Barありモデル

・CPU:2コア4スレッド→4コア8スレッドにアップデート。

(公式では非公開ですが)13インチモデルのCPUの型番について

2017モデル:i5-7267U、i5-7287U、i7-7567U

2018モデル:i5-8259U、i7-8559U

公式サイトによると、2017モデルと比べて「最大2倍も高速な処理能力を発揮する」とのこと。

・(内蔵)GPU:CPUのアップデートに伴い、Iris Plus 650→Iris Plus 655に変更。

・SSD:最大1TB→最大2TBまで積めるように。

(ここで自分用にメモ)

今回CPUの他SSDも高速化されているようだが、確認されているのは1TBモデルのようである(テストした方のサイト:MacBook Pro (2018) ベンチマーク | Macintosh | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤))。

256GBモデルに関しては、2017年モデルと同等のスピードのようである(購入した方のレビュー:13インチMacBook Pro 2018 レビュー!第3世代バタフライキーボードと電池持ちを旧モデルと比較! – シンスペース)。

※512GB&2TBのSSDについては、2017モデルに比べて高速化されているのか?は未調査・・・

よって、現時点で自分が買うとすれば

・CPU:Core i5、メモリ:8GB、SSD:256GB=スタンダードモデル→3年保証で約24万円

・CPU:Core i7、メモリ:16GB、SSD:512GB=パフォーマンスモデル→3年保証で約32万円

このどちらかの組み合わせになってくると考えている。

Macbook Pro 13インチモデルのメモリは8GBで足りませんかね?

2018.04.22

 

15インチモデル

・CPU:4コア8スレッド→6コア12スレッドにアップデート。

(公式では非公開ですが)15インチモデルのCPUの型番について

2017モデル:i7-7700HQ、i7-7820HQ、i7-7920HQ

2018モデル:i7-8750H、i7-8850H、i9-8950HK

公式サイトによると、2017モデルと比べて「i9プロセッサ搭載時で最大70%高速化」(ただしi9プロセッサ搭載時)とのこと。

ただし、i9プロセッサだと排熱処理が間に合わず、2017年の15インチモデルより性能が落ちる場合がある。

※2018.7.25 修正アップデートが入り、最大パフォーマンスを発揮できるようになったとのことです。

・内蔵GPU:CPUのアップデートに伴い、HDグラフィックス630→UHDグラフィックス630に変更。

・メモリ:標準構成16GBのみ→最大32GBまで積めるように。

・dGPU:Radeon Pro 500シリーズ→Radeon Pro 500Xシリーズにアップデート(焼き直しでしょうか?)。

・SSD:最大2TB→最大4TBまで積めるように。

 

その他

・Macの周辺機器として、iMac 5K 2017の最上位モデルに搭載されているRadeon Pro 580を積んだ外付けGPU:Blackmagic eGPUの販売が開始されました。

Blackmagic eGPU – Apple(日本)

 

現在、家用のデスクトップ型(Mac:iMac 4K)と外出先用のノート型(Windows:Spectre 13)を使っている身としては、MacBook Pro 13とBlackmagic eGPU、そしてLG UltraFine Displayの組み合わせで、家でも外出先でもPC1台で賄えそうな気がしてきました。

ちなみにiMac 2017モデルのレビューについて、以前記事にしています。

iMac 4K 2017 購入&レビュー

2017.11.25

今にでも欲しいところですが、お金がない&構成を考えたいので、購入された方のレビューを見ながらもう少し我慢したいと思います・・・

それではまた。

スポンサーリンク