【エントリーモデル】パイオニアとケンウッドのドライブレコーダーを比較【単体型】




スポンサーリンク


こんにちは。

最近、ドライブレコーダーの装着率が上がってきています。いざというときの証拠として使えることからつけているのでしょうか?

今回は手ごろなエントリーモデルのドライブレコーダーについて、パイオニア製とケンウッド製で比べていこうと思います。

 

メーカー パイオニア ケンウッド
型番 ND-DVR40 DRV-230
最大解像度 Full HD(1920×1080) Full HD(1920×1080)
駐車監視機能  〇
 液晶サイズ  2インチ  2インチ
対応メディア microSDHC(8~32GB/8GB同梱) microSDHC(4~32GB/16GB同梱)
製品の公式サイト http://pioneer.jp/carrozzeria/system_up/recorder/nd-dvr40/ http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_230/
 価格.comのサイト  価格.com – パイオニア ND-DVR40 価格比較 価格.com – ケンウッド DRV-230 価格比較 

雑感を以下に述べますね。

 

パイオニア ND-DVR40

・同時期に発表されたND-DVR20,30に比べスペックは控えめだが、コンパクトです。あまり目立たなそう&(個人的に)かっこいいデザインです。

・ガラス貼り付けタイプですが、経年劣化で剥がれて落ちるということはないか、ちょっと心配ではある。

 

 

ケンウッド DRV-230

・まだ発売されたばかりということもあり、値下がりに期待。

・パイオニアの方より若干安く、かつ倍の容量のmicroSDHCカードが付属する。

・(使ってみなければわかりませんが)このくらいの価格(1万円前半)で、長持ちするとすればかなりコスパは高い。

 

 

どちらもほぼ同時期に発売されており、スペック・価格も近いです。

自分なら、

デザインでパイオニアのND-DVR40

付属するSDカードの容量が多く、かつほんの少し安いケンウッドのDRV-230

で決めようかなと思っています。

 

また、Android AutoやApple CarPlayに対応する2DINタイプのカーオーディオについて、以下に記事にしてみたのでよろしければどうぞ。

【Apple CarPlay】パイオニアとケンウッドでカーオーディオの比較をします【Android Auto】

2018.02.07

 

それではまた。

スポンサーリンク