【ケンウッド】彩速ナビ 2019モデル 発表&発売【9インチ】




スポンサーリンク


こんにちは。

さてケンウッドはカーナビゲーション「彩速ナビ」の2019年モデルを発表しました。新シリーズ、新モデル、後継機と数機種発表しています。簡単にまとめていきたいと思います。

 

2019年モデルの特徴

スマートフォンのように入力できる「フリック入力」

 

システム設定で地図が連動「日の出/日の入り地図画面」

 

ライトのつけ忘れをお知らせ「日没ライト案内/警告」

 

運転者の安全をサポート「一時停止表示」

 

ランドマークを高品位なグラフィックで「3Dポリゴンランドマーク表示」

 

検索した施設が営業時間外の場合「!」表示「営業時間外表示」

 

運転席以外の人の眠りをさまたげずに音楽が楽しめる「パッセンジャースリープ」

 

地デジやラジオでの人の声が聞き取りやすい「クリアボイス」

 

目的地や自宅に近づくとボリュームダウン「ゴールオートボリューム」

2018年モデルは目的地案内時のみ対応しており、自宅案内時には対応していない模様です。

 

新シリーズMDV-S706/706W

MシリーズとLシリーズの中間にあたる位置付けと予想しています(今回登場しなかったL500シリーズの置き換えかなと)。

Lシリーズにハイレゾ機能、スマホ対応&アプリ連携機能を載っけたシリーズでしょうか?

 

Mシリーズの新モデルMDV-M906HDL

彩速ナビ初となる9インチHDパネルを採用(以前は8インチWVGAパネルが最大でした)。高精細になっただけでなく、約1.3倍広い視野角、1.3倍明るいLEDを使用。この比較対象がZ905W/Z905となっているので、少なくとも画面に関してはZシリーズよりもかなり綺麗になっています。

ちなみに、2019年モデルなだけあって、地図データは2018年モデルよりも新しいのですが、このM906HDLに限っては最新である2018年秋の地図データを載せています(S706シリーズ、L406シリーズは2018年春のデータ)。

 

MDV-L406/406W

定番エントリーモデル。

画面がグレア(光沢)処理ではない・地デジはなくワンセグのみ・ナビのセンサーは3Dではなく2D、と機能は削っているものの、操作性はジェットレスポンスエンジンⅢを採用しているので、使いやすさはそのままだと思います。

新モデルはまだ評価がないため、前モデルのレビュー(リンク)を載せておきます。

 

Zシリーズは?

フラグシップモデルのZシリーズについては、春頃発表かなと思っています。彩速ナビといえばZシリーズというイメージがあるので、まさか発売しないことはないでしょう。

2019.4.15 Mシリーズの追加モデルが発表・発売されていますが、カタログを見るとZシリーズが無くなっています。

【彩速ナビ】Zシリーズは? MDV-M906HDW/M906HD 発表&発売【ケンウッド】

2019-04-15

今年のZシリーズはお休みなのかもしれません。。。

それではまた。

スポンサーリンク













使用中のレンタルサーバー
XSERVER X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。






使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。