【車のサブスク】ホンダでも始まっていた。Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)について。

スポンサーリンク







こんにちは。

2019年、トヨタが車のサブスクリプションサービス「KINTO」を開始しました。

これからは車のサブスクが主流に!? トヨタ KINTO 設立

2019-02-06

それから2020年になって、ホンダもサービス開始していることに気づきました。

「ホンダ マンスリー オーナー」という名称で提供しています。

Honda | 最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」を中古車で開始

 

プランは1種類のみ

最短1か月~最長11か月の契約で、中古車のみの対象になります。

1ヶ月単位でサービスを提供するのはホンダが初と謳っています(トヨタは最短でも3年契約。半年単位でも契約終了はできるが、「追加精算金」なるものが発生するので、よろしくない)。

 

料金

軽自動車

・N-BOX 2014年式~ Honda SENSING:× 消費税10%込29,800円
・N-BOX 2017年式~ Honda SENSING:〇 消費税10%込39,800円

スモール

・FIT HYBRID 2015年式~ Honda SENSING:× 消費税10%込39,800円
・FIT HYBRID 2017年式~ Honda SENSING:〇 消費税10%込49,800円

ミニバン

・FREED HYBRID 2014年式~ Honda SENSING:× 消費税10%込49,800円
・FREED HYBRID 2017年式~ Honda SENSING:〇 消費税10%込59,800円

SUV

・VEZEL HYBRID 2014年式~ Honda SENSING:× 消費税10%込49,800円
・VEZEL HYBRID 2018年式~ Honda SENSING:〇 消費税10%込59,800円

福祉車両

N-BOX車いす仕様車 2018年式~ Honda SENSING:〇 消費税10%込49,800円

 

ちょっと一言

トヨタと違って1か月単位で契約できるのはいいですね。あとはもう少し長い契約期間でさらに月額料金を安くしたプランも欲しいところです。

しかしこちらにあまり力を入れすぎてしまえば、自動車販売のほうに悪影響が出てしまうのかなと思っています。

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。