【ケンウッド】DDX6190BT&DDX4190BT 発表&発売【カーオーディオ】




スポンサーリンク


こんにちは。

ケンウッドは、2DINディスプレイオーディオ「DDX6190BT」「DDX4190BT」を10月上旬より発売することを発表。

前者に関しては2017年に発売されたDDX6170BT/DDX6170の後継機にあたります。後者に関しては同じく昨年発売されたDDX3170の後継機と思われます。

2018年9月11日|ニュースリリース|ケンウッド

 

さてケンウッドは今年に入り、新ブランド?の「DPV-7000」「DPV-5000」を発表しています。

DPV-5000はそこまで値段が高くはないため、てっきりこのDPV-5000がDDX6170BTの後継を担うのでは?(DDXシリーズは廃止か?)と思っていたのですが、違いました。

【ケンウッド】DPV-7000&DPV-5000の中間モデルが欲しい件【カーオーディオ】

2018.06.24

 

目次で流し読みする!

DDX6190BT

DDX6190BT|2DIN DVD対応モニターレシーバー|カーオーディオ|カーエレクトロニクス|商品情報|ケンウッド

DDX6170BTからの変更点

・FLAC:48kHz→96kHzに

・30ピンコネクタiPodインターフェースケーブルKCA-iP202をサポート対象外に(これでiPod/iPhone 5以前のiPhoneへは接続できなくなる?)

・ラジオのメモリバンド数がAM/FMそれぞれ6個づつから10個づつに増加

くらいでしょうか??

 

DDX4190BT

DDX4190BT|2DIN DVD対応モニターレシーバー|カーオーディオ|カーエレクトロニクス|商品情報|ケンウッド

DDX3170からの変更点

・Bluetooth追加

・FLAC:48kHz→96kHzに

・30ピンコネクタiPodインターフェースケーブルKCA-iP202をサポート対象外に(これでiPod/iPhone 5以前のiPhoneへは接続できなくなる?)

・ラジオのメモリバンド数がAM/FMそれぞれ6個づつから10個づつに増加

気づいたところはこれくらいです。。。

2018.9.21現在、DDX3170のレビューは3件ほどあります(Amazon)。

 

前作DDX6170BTを触ってみたところ、正直レスポンスがかなり悪かったです。

今回のモデルの型番があまり変わっていないことを考えると、レスポンスの改善には手をつけていないと予想しています(壊れやすいのかはまた別問題ですが)。

それではまた。

スポンサーリンク