微妙なタイミング? iMac 2019 発表&発売




スポンサーリンク


こんにちは。

さて、Appleは日本時間3月19日夜、iMacを2019年モデルにアップデートしました。

CPUの更新が主な変更点になります。

iMacのパフォーマンスが2倍に増大 – Apple (日本)

変更点

CPU

2017モデルで第7世代プロセッサだったのが、今回の2019モデルでは第8/9世代プロセッサに更新されました。

2017モデルではCore i5=4コア4スレッド、Core i7=4コア8スレッドでしたが、

2019モデルではCore i3=4コア4スレッド、Core i5=6コア6スレッド、Core i7=6コア12スレッド、Core i9=8コア16スレッドとなりました。

CPUが一番進化しているのではないかと思います。

メモリ

2400Mhzから2666Mhzへ。これは実感ではわからないのではないかと思っています。

GPU

Radeon Pro 500シリーズから500Xシリーズへ。555Xのみ若干の性能アップのようですが、それ以外のものはXを付けただけのリネーム製品で、性能は全く同じようです。さらにオプションでRadeon Pro Vegaシリーズを追加。よって2019モデルではGPUをカスタマイズできるようになりました(2017モデルではできなかった)。

ストレージ

この辺は変更したというアナウンスはありませんが、供給メーカーなど非公式でマイナーチェンジがあるかもしれません。

ちなみにMacbookシリーズのSSDアップグレード価格が若干値下げされたとのことでしたが、iMacはどうだったのか分かりません・・・

 

ちょっと一言

まだかまだかとなっていたiMacのアップデートですが、やっとされました。ですが、もう少しすれば第9世代プロセッサの追加モデルが出てきそうなので(Core i5 9500やi7 9700)、そうすれば第8世代プロセッサを今急いで載せる必要はなかったように感じます(5KのカスタマイズモデルはCore i9=第9世代ですが)。

ですがMacもiPhoneのように、2020年以降自社製のプロセッサを使う計画があるみたいなので、もしかしたらこの2019モデルがインテルのCPUを使った最後のiMacになるかもしれません。。。

 

現在所持しているiMac 4K 2017モデルのレビューは以下からどうぞ。

iMac 4K 2017 購入&レビュー

2017年11月25日

 

それではまた。

スポンサーリンク