【Apple】iMac 2019 発表&発売【Mac】

スポンサーリンク







こんにちは。

Appleは日本時間3月19日夜、iMacを2019年モデルにアップデートしました。

CPUの更新が主な変更点になります。

iMacのパフォーマンスが2倍に増大 – Apple (日本)

 

変更点

CPU

2017モデルで第7世代プロセッサだったのが、今回の2019モデルでは第8/9世代プロセッサに更新されました。

2017モデルではCore i5=4コア4スレッド、Core i7=4コア8スレッドでしたが、

2019モデルではCore i3=4コア4スレッド、Core i5=6コア6スレッド、Core i7=6コア12スレッド、Core i9=8コア16スレッドとなりました。

CPUが一番進化しているのではないかと思います。

メモリ

2400Mhzから2666Mhzへ。これは実感ではわからないのではないかと思っています。

GPU

Radeon Pro 500シリーズから500Xシリーズへ。555Xのみ若干の性能アップのようですが、それ以外のものはXを付けただけのリネーム製品で、性能は全く同じようです。

さらにオプションでRadeon Pro Vegaシリーズを追加することで、2019モデルではGPUをカスタマイズできるようになりました(2017モデルではできなかった)。

ストレージ

この辺は変更したというアナウンスはありませんが、供給メーカーなど非公式でマイナーチェンジがあるかもしれません。

ちなみにMacbookシリーズのSSDアップグレード価格が若干値下げされたとのことでしたが、iMacはどうだったのか分かりません・・・

 

自分が買い換えるなら

さて、現在iMac 4K 2017モデルを使用しています。

2019モデルに買い換えるなら、4K上位グレードであるCore i5&Radeon Pro 560X&Fusion Drive 1TBを選択するつもりでいます。

そこからメモリを16GBに、ストレージをSSD 512GB、テンキー付きMagic Keyboard、Magic Trackpad 2にカスタマイズする予定です。

値段は25万円ほどになってしまいますが、とても快適なマシンになるだろうと思っています。

もう少し安い一体型PCというのであれば、HPのWindowsPCがお買い得のように感じます。

価格.com限定モデルや限定クーポンも用意されており、こちらも気になっています。

 

ちょっと一言

まだかと思っていたiMacのアップデートですが、今回やっと実装されました。

MacもiPhoneのように、2020年以降自社製のプロセッサを使う計画があるみたいなので、もしかしたらこの2019モデルがインテル製のCPUを使った最後のiMacになる可能性もあります

2021.8.17 2021年春、21.5インチ4Kモデルが24インチ4.5Kモデルにフルモデルチェンジ!

ついにインテルとはおさらばし、Apple設計のM1チップを搭載。

インテル27インチ5Kモデルもいずれフルモデルチェンジされるものと予想されます。

それではまた。

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK19

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。