Windows 11を搭載可能なVAIO Z 2021をまとめる

スポンサーリンク







こんにちは。

さて2021年初頭よりVAIO Zがついに復活し発売となりました。

モバイルPCのグローバルフラッグシップモデル「VAIO Z」、世界初、立体成型フルカーボンボディを実現 | VAIOのお知らせ

2021年秋にはWindows 11が発売され、VAIO Zのカスタマイズモデルで搭載できるようになっています。

今回は、1世代前のモデルであるVAIO Z 2016との比較を中心にまとめたいと思います。

 

新モデル「VAIO Z 2021」を前モデル「VAIO Z 2016」と比較します。

VAIO株式会社 VAIO Z 2021 VAIO Z 2016
フリップモデル
クラムシェルモデル
OS Windows® 10 Home (64 ビット)
Windows® 10 Pro (64 ビット)
Windows® 11 Home (64 ビット)
Windows® 11 Pro (64 ビット)
Windows® 7 Pro (64 ビット)
Windows® 10 Home (64 ビット)
Windows® 10 Pro (64 ビット)
CPU Intel® Core™ i5-11300H(35W)
Intel® Core™ i7-11370H(35W)
Intel® Core™ i7-11375H(35W)
Intel® Core™ i7-11390H(35W)
Intel® Core™ i5-6267U(28W)
Intel® Core™ i7-6567U(28W)
チップセット 非公開 非公開
メインメモリ 8GB LPDDR4x
16GB LPDDR4x
32GB LPDDR4x
4GB LPDDR3
8GB LPDDR3
16GB LPDDR3
GPU Intel® Iris® Xe Graphics(内蔵) Intel® Iris™ Graphics 550(内蔵)
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
128GB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
ディスプレイ 14.0インチ・1920×1080ドット
14.0インチ・3840×2160ドット
13.3インチ・1920×1080ドット
13.3インチ・2560×1440ドット
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax準拠
Wi-Fi 6準拠
IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠
Wi-Fi 5準拠
有線LAN なし なし
入出力 HDMI出力×1
USB Type-C™×2
ステレオミニ端子×1
電源端子×1
HDMI出力×1
USB Type-A™×2
ステレオミニ端子×1
SDメモリーカードスロット×1
オーディオ Intel® High Definition Audio準拠
内蔵ステレオスピーカー
Dolby Audio™
内蔵ステレオマイク
Intel® High Definition Audio準拠
内蔵ステレオスピーカー
内蔵ステレオマイク
カメラ CMOSセンサー搭載Full HDカメラ
Windows Hello 顔認証対応
有効画素数207万画素
フェイスアンロック搭載
CMOSセンサー搭載HDカメラ
有効画素数92万画素
バッテリー駆動時間 約17時間(3840×2160ドット)
約34時間(1920×1080ドット)
フリップモデル:
約19.4~19.7 時間
クラムシェルモデル:
約15.5~18.2 時間(Windows 7)
約20.9~27.0 時間(Windows 10)
バッテリー充電時間 約3時間 約3.5時間
サイズ(約 幅×高さ×奥行) 320.4mmx12.2~16.9mmx220.8mm 324.2mmx15.0~16.8mmx215.3mm
重量 1002~1065g(3840×2160ドット)
958~1013g(1920×1080ドット)
フリップモデル:約1.35 kg
クラムシェルモデル:約1.17 kg
価格 税込27万2580円~ フリップモデル:
税抜19万9800円~
クラムシェルモデル:
税抜15万6800円~

 

特徴

気になったところを挙げていきます。

フルカーボンボディ

剛性と軽量の両立により、14型モバイルノートでついに1kgを切ってきました。

第11世代インテル® Core™ プロセッサー H35シリーズ搭載

1kgを切るモバイルノートPCの中で唯一、デスクトップ級の高性能プロセッサーを搭載と謳っています。

次世代モバイルインターネット「5G」を搭載可能

正直5Gエリアは各社ともにまだまだですが、これから数年かけて普及していくことでしょう。

予算に余裕があればぜひ搭載しておきたいですね。

VAIO史上最長、連続約34時間駆動(FullHDモデル)

(FullHDモデルであれば)1日以上連続で使えることになります。

14型で4Kモデルを選択可能

このモデルには、肉眼で見る光景と同等の陰影を再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能も搭載しています。

 

ちょっと一言

2014年7月1日にVAIO株式会社が設立され、7年が経過しました。

過去のSONY製のVAIOにあった、(個人的に)物欲をそそられる様なデザインは感じられません。

しかし、やっと今になってこのVAIO製のVAIOというものは飽きのないデザインなのかも、と思うようになりました。

それではまた。

 

スポンサーリンク








使用中のレンタルサーバー
XSERVER
X10

「WordPressがサクサク動く!!」
ページのレスポンスが良く不具合もないので気に入っています。


使用中のWordPressテーマ
OPENCAGE
STORK19

「究極のモバイルファースト」
モバイル端末での見易さを重視したテーマで気に入っています。