【ケンウッド】DPV-7000&DPV-5000の中間モデルが欲しい件【カーオーディオ】




スポンサーリンク


こんにちは。

さて、今年に入りケンウッドからカーオーディオ「DPV-7000」と「DPV-5000」が発表・発売されています。両者の機能の違いは結構あるのですが、個人的には両者の間の中間モデルが欲しいと思い、記事にしたいと思います。

 

DPV-7000にあってDPV-5000にない機能

Apple CarPlay&Android Auto対応

・ハイレゾ音源対応

・LDAC対応

・DSD対応

ざっくりとこんな感じです。DPV-7000は彩速ナビ TYPE Zに搭載しているハイレゾ周りの機能を積んでいるため、その分価格が高いです(初値およそ75,000円でした!)。

彩速ナビ TYPE ZのDNAを引き継いでいるとはいうものの・・・

・高速レスポンス:「圧倒的な操作性を可能にするジェットレスポンスエンジンⅢ」は非搭載。そのため操作性が少し気になるところ。

・高画質モニター:「映像を美しく再現するプレミアム・ファインビュー・モニター」も非搭載。よって画質はそこまで綺麗ではない?

(よく言えば、彩速ナビシリーズとの差別化を上手くしているとも言える。)

2018.9.2現在、レビューはまだ数件しかないようです(Amazon・DPV-7000)

 

自分が欲しいモデル

DPV-5000にApple CarPlay&Android Auto機能のみ追加したモデルを出してくれればいいなぁと思っています(=DPV-6000?)。

2018.9.2現在、DPV-7000の価格は6万円台前半、DPV-5000の価格は4万円台後半。

このDPV-6000?なるものを5万円前後で販売してくれたら欲しいなぁと思っています。

 

それではまた。

スポンサーリンク